たった1本の歯がだめになると・・。

たった1本の歯がだめになると・・。

たった1本の歯がだめになったために歯が次々に悪くなるという悪夢のようなことがあります。
前歯の目立つ場所1本が歯科で差し歯になり、その根が割れてしまう。
そして左右で支える歯科でブリッジを作ります。
そして熊本市 歯科でブリッジの歯に負担がかかってだめになり、さらにその横の歯でブリッジ・・と永遠と歯が崩れていくのです。
怖いですよね。
たられば論になりますが この場合 やるとしたら1本目でインプラントを選択するべきだったかもしれません。
とはいえ、インプラントは高価だし、永遠にいけるわけでもないし、土台をだめにするリスクはあります。
それにしても 他の歯がドミノのごとく次々駄目になる事態は起きなかったかもしれません。
若い人でも 何かしら前歯をぶつけたりして駄目になってしまうことがありますが その場で安易に選択しないで長い人生デメリットを最小限にするよう検討しましょう。
一番困るのは小学校のうちに 歯磨きを怠って 永久歯が全滅してしまうことですね。
乳歯ならいいんですが。


 
HOME 投資のキホン 外国為替(FX)とは レートの見方 初期費用を決めよう! 目標を決めよう!